お店を開こうとして、最初に考える事

街を歩いていて、飲食店の移り変わりを感じている。
今日も新しい道、ふだんは使わないけど、住んでいる所から半径5キロ以内で歩いた。

あ、この店つぶれたんだな・・・・。
あ、この店、新しくなるんだな・・・。
あ、ここ、前は服やだったけど、焼き肉店になったな・・・

とか。。。

で、なにか、
そこからヒントになることも多いンではないか・・・。
と考える

店を開くということは、それで生活をする、=お金を稼ぐということだよな
お店を開こう!と思ったら人は何をするだろうか?
開店資金があったとして、自分が店出そう、それでお金儲けようと思ったら何をするのか
一人でするレベルのお金が用意できて、会社組織まではムリ。
そんなときになにするか。

まずは、何の店か?

洋服のセレクトショップ。
不動産屋
中華料理屋
花屋
整骨院
マッサージ屋
ネイルサロン
酒屋

等々
ふと思いついただけで、どんどんある
街を見渡せば、すぐわかる。
都会に住んでいれば、近所にある。

で、都会に住んでいてイチバン多いのが、やっぱ飲食業。
これがイチバン多い。
人間食べないと、生きていけない。
だから、食べることは必要。
おまけに、けっこうみんな豊か&忙しい。
外食で済ます。お金は稼げばある。
そんな人多い。

必要なこと、必須なものと言ったら?
衣食住。
誰でもわかる。

着る物
住む家
食べ物

ベストスリー。
着る物の店?
ユニクロ
ファッションセレクトショップ。
でかいのが、ユニクロ。一人でははじめられない。
セレクトショップ。
商店街の服屋がどんどんなくなっていってるなあ・・・・
うーん。セカンドストリートとか、いま中古でも安いってあるし・・。
新品でもファーストファッション。安くて、流行で流れていく。利益がないだろうか?
ムリっぽい・・・。

住む家の商売
これはムリ。
不動産業。
宅建が必要。勉強すれば良いけど、初心者的にはハードル高い。
雇われで会社に勤めて、そのあと独立って感じだろ。

食べ物。
ハードルが低い。印象だけだけど。
なぜか?
感じること 自分でやってるところの店長とか、頭は良くない。
ほんとうに悪い。小学生レベルとかだし・・
料亭レベルになれば、腕が必要。修行がいる。
飲食業。昔と違って、もはや、作っている人はアルバイト。
とすれば、経営、財務の知識が少しあれば、やっていける。

ってなるんだよな・・・。

飲食業が増えている理由。
ハードル低い。
やりやすい。
自分なら、競争にも勝てそう。
そんな感じだろう。
ただ、その場所をよく見てみると、3年で多くが変わっている。
夜の街の飲食店などは、もとサイクルが早いし。
20年前に比べたたら、現代はつぶれるサイクルが早い。

飲食業なら、生活レベルとしてやっていける。
出店資金があって、あるいは、融資が出そうで、少しの財務知識があれば、成功しそうだ。
そんな感じがする。

カテゴリー: ビジネス パーマリンク